オーガニックコットンの取り扱い・お洗濯について

オーガニックコットンの取り扱いについて

  • 原綿をそのまま使用している製品は、表面に綿の茎や葉のカスが混ざっていることがありますが、害はございません。
  • 天然の油分が残っている製品では、吸水性が弱く感じる場合がありますが、 お洗濯によって徐々に取れていきます。
  • 綿そのままの色(生成り・茶・緑)や、天然由来原料によって染色されたものは、製品によって色が異なったり、お洗濯などによって退色する場合がございます。
    また、紫外線や蛍光灯、汗、果汁による汚れ、お洗濯によって色が変わる場合があります。
  • カラードコットンのブラウンは、時間がたつにつれて色が濃くなる特性を持ち、グリーンは、ブラウンまたはグレーがかった色に変わることがあります。
  • パイル製品の糸ほつれは、引っ張らずハサミで切って整えてください。

オーガニックコットンのお洗濯について

  • 自然の風合いを保つため、蛍光増白剤等が入っていない、天然成分を主とした洗濯石けんのご使用をおすすめします。
  • 汚れがひどい場合は、塩素系漂白剤は避け、重層や酸素系漂白剤のご使用をおすすめします。
  • 洗濯機で洗える製品は、ネットに入れて弱水流で洗ってください。
  • 乾燥機は避け、自然乾燥で陰干しにしてください。
  • 防縮加工・形態安定加工をしていないため、縮みや歪みが生じる場合がありますので、洗濯後は形を整えて干してください。
ページトップへ戻る