オーガニックコットン 生地・素材について

当店で扱っているオーガニックコットン製品の主な生地の種類です。
ニット製品は伸縮性にすぐれ、肌あたりも良いことから、肌に直接触れるものが多いオーガニックコットン製品でも多用されています。生地の特徴や、糸の太さなど、下記を参考になさってください。

主な生地の種類

ダブルガーゼ 通気性のよいガーゼを二枚重ねにした生地。
トリプルガーゼ 通気性のよいガーゼを三枚重ねにした生地。
天竺 平編みでサラっとした肌触りで通気性にすぐれています。一般的なTシャツによく使われている素材です。春夏用ウェアや肌着向けの編み地。
ワッフル お菓子のワッフルのようにふわふわの凹凸があります。肌に触れる綿が少ないので通気性がよい生地です。
リブ 表目と裏目を交互に編む模様編みのこと。編み上がりは、メリヤス編みのように丸まったりしないため、平面に仕上げることが可能。伸縮性にすぐれフィット感があるので、ニットの袖口にもよく使われます。
フライス 表目と裏目が交互になったゴム編み地。適度な伸縮性があり、吸汗性にもすぐれています。オールシーズン活躍する素材で、下着やTシャツによく使われる編み地です。
ブラッシュ天竺 片面は毛足の短いパイルのようで、ワンウォッシュしたような肌触り。天竺織りなので通気性も良く、春夏のウェア向き。
スムース ゴム編みを重ねたメリヤス地。柔らかくて肌触りもよく、目が密でやや厚手でしっかりしており、保温性にすぐれているニット。
テレコ 表編みと裏編みを交互にリブ編みしているので凹凸面があり、肌に接する面が少ないのが特徴。伸縮性にすぐれています。
裏毛 裏面にパイルのようなループがあり、裏毛パイルとも呼ばれます。厚手で特に保温性にすぐれています。スウェット生地。
平織り 経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に交差させて織る、最も基本的な織り地。平織りには、ブロードや、ローン、ギンガムなどがあります。
ジャガード 柄が刺繍のように織り込まれている織り物(または編み物)。
パイル 表面にループを出して織られた生地。代表的なものがタオルです。また、ループを刈り込んで作られるものにベロアなどがあります。
シール織り 起毛ではなく、シール織機によるパイルを織り込んだ立毛です。毛足が長く保温性に優れ、主に毛布に用いられています。

糸の太さ

糸の太さの目安となる単位が「番手」です。
正確には、「番手」=「太さ」ではなく、一定の重さの原料からできる長さを単位にしたものです。
同じ重さの原綿から、細い糸ほど長くとれることになりますので、単位は大きくなるのです。
ですので、1番手が最も太い糸になり、数字が大きくなるほど細くなっていきます。
ただ、原綿から糸にする際、撚り(より)を強くすれば細くなり、甘く撚れば太めの糸になりますので、
一概に太さをあらわすわけではありません。

基本的に綿番手では、20番手以下は太番手、60番手以上は細番手と呼ばれます。

当店で、「スーピマ40/1」という名前のタオルを扱っています。これは、スーピマ綿の40番の単糸(1本)
で織った生地という意味で「よんまるたん」と読みます。
また、「60/2天竺」は、60番の双糸(2本撚り合せた糸)を使った天竺編みで、
「ろくまるそう てんじく」と読みます。

異素材とのコラボレーション

    【CSY(コアスパンヤーン)】
    伸縮性のあるスパン糸を芯にして、オーガニックコットン糸でコイル状に包んだ糸。ポリウレタンでできたスパン糸が直接肌に触れることがありません。
    【麻混、毛混】
    綿にそのほかの素材を混ぜることによって、綿だけではだせない生地感を出したり、季節に合った製品を作り出すことができます。
    オーガニックコットンの良い点はそのままに、夏場は麻を加えることで、肌にまとわりつきにくいシャリ感がある爽やかな生地に、冬場は毛を加えてより暖かくオーガニックコットンをお楽しみいただけます。
ページトップへ戻る